旧黒田藩蔵屋敷長屋門

旧黒田藩蔵屋敷長屋門

天王寺公園内にある大阪市立美術館のホームページには「旧黒田藩蔵屋敷長屋門(黒田門)からお入りください」という記載があります。
自然過ぎてただのゲートだと思ってくぐってしまいそうですが、実はこの旧黒田藩蔵屋敷長屋門というのは江戸時代から残る大阪府の有形文化財なのです。
現在中之島にある三井ビルの場所には、かつての旧黒田藩の蔵屋敷がありました。その頃の大阪は商業や流通の中心「天下の台所」だったので、黒田藩だけではなくたくさんの藩が川沿い(現在の中之島近辺)に次々と蔵屋敷を設けていました。しかし、廃藩置県がありほとんどの蔵屋敷が姿を消してしまったので、蔵屋敷の遺構は珍しく、とても貴重な歴史的建造物であるといえるでしょう。
三井ビルが建設される際、希少価値の高い長屋門は大阪市に寄贈され、現在の場所に移築されたそうです。

黒田藩といえば、大阪夏の陣で真田幸村と二大巨頭だったと言っても過言ではない活躍をみせた後藤又兵衛が元家臣だったことが有名ですが、黒田長政との不仲で追い出される形になり、大阪夏の陣では黒田の敵方である豊臣側について戦った・・と個人的に認識していた為、旧黒田藩蔵屋敷長屋門が別名「後藤又兵衛あかずの門」と呼ばれているのは、又兵衛が来ても開けてはいけない門という意味だと思っていたのですが、それは逆で、黒田の家来が討ち死にした又兵衛の帰りを門を閉めずに待っていたという話から、後藤又兵衛不閉門→後藤又兵衛あかずの門と呼ばれるようになったという説が有力のようです。
どういういきさつでそう呼ばれるようになったのか本当のところは分かりませんが、江戸時代からさまざまな経緯を経て、現在も大阪の地に建ち続けている旧黒田藩蔵屋敷長屋門。
通り抜けるときは今までとは違った気持ちで、一度立ち止まって思いを馳せてみたいものです。